お問い合わせはこちらから
mail:inquiry@innov-firm.co.jp
電話:03-5823-4398 FAX:03-5823-4297

その送り方、問題ありませんか?

時間・コスト
利便性
安全性
物理的輸送
メール添付
共有サーバー

・距離に比例して時間や輸送コストが増加

・送るまでに手間がかかる

・盗難、窃取の危険性が高い

・社内の手続きが面倒

・大きいファイルは送信できない。添付ファイルの種類によって送れない

・誤送信したらアウト
・いちいちzipにパスワードをかけるのも…

・メンテナンスが必要
・使い方の学習が必要
・用意する手間がかかる

・VPN設定必須
・国によってはVPN制限により送れない

・ハッキング、情報漏洩データ喪失のリスクがある

Secure Porter なら

時間・コスト
利便性
安全性

簡単インストール!
費用も低価格!

VPN不要で
ドコデモ送信!
ドラッグ&ドロップの
直感操作!

秘密分散技術で
漏洩リスク0%!
パスワード必要なし!

Secure Porter のしくみ

ドコデモ
VPN接続が禁止されている国や、暗号化が禁止されている国ともデータ転送が可能です。
リスク0%
国際標準企画の秘密分散技術によりデータ漏洩リスクが無くなります。
カンタン
使い方はとてもカンタン。送りたいファイルをドラッグ&ドロップしてキーファイルをメールで送信するだけです。
お問い合わせはこちらから
mail:inquiry@innov-firm.co.jp
電話:03-5823-4398 FAX:03-5823-4297

Secure Porter のギモンに答えます!

キーファイルって
誤送信しても大丈夫なの?

大丈夫です!

キーファイル単体では全く意味のないファイルですので、第三者の手に渡っても問題ありません。
また他のSecure Porterを利用するお客様に渡ったとしても、同一のクラウド設定をしていなければ、
データを取得されることはありません。
クラウドに預けたファイルって
漏洩しないの?

漏洩しません!

クラウドに預けられたファイルは秘密分散技術で分散されています。
分散された断片ファイルは元ファイルにノイズを掛け合わせ原型をなくしているためそれから原本を
推測することは絶対に不可能です。
クラウドに預けたデータが
消えることはないの?

消えません!

Microsoft Azure Blob ストレージはハードウェア障害への対応策としてデータを違うリージョンに
バックアップしており、データ消失リスクを最小限に抑えています。
また、秘密分散された断片ファイルは3つのうち2つ揃えることで復元が可能であるため、
二重にデータ消失リスクに備えられています。
セットアップが
大変じゃないの?

35分で完了します!

手順通りに導入した場合、Microsoft Azure Blob ストレージの環境構築は30分程度で完了します。
また、利用前の準備として、それぞれSecure PorterにBlobストレージのプロファイル情報を設定します。
この設定は5分程度で完了できますので、35分後には目的地との情報共有をスタートすることができます。
お問い合わせはこちらから
mail:inquiry@innov-firm.co.jp
電話:03-5823-4398 FAX:03-5823-4297

技術解説

秘密分散技術による情報の無意味化


情報(いかなる文書であれ)は「0」と「1」のビット配列でできています。その配列にゴミ同然のビット配列を混ぜ合わせておりますので、元データを作ったアプリケーションを使っても絶対に開くことはできません。いわば、秘密分散技術は情報の原型を壊してしまい、原本を推測することができなくなる技術です。

元データをバイナリエディタで開いた物と分散したデータを開いた物とでは、内容が大きく変わっています。また、メモ帳で開いてみるとまるで暗号化したデータの様に中身がグチャグチャになっています。

料金比較シミュレーション

EMS(国際スピード便)の場合


仮に3箇所とのやりとりを月4回行うとしたら

16,400円 × 4回 × 12ヶ月 =
787,200円/年

Secure Porter の場合


Secure Porter 4箇所分ライセンス
Microsoft Azure Blob ストレージ 1箇所
何度やりとりしても 25,000円/年

1ライセンスに換算したら
6,250円/年

プラン一覧

基本プラン

2ライセンス基本モデル 10,000円/年

ライセンスの追加

追加ライセンス数 1ライセンス料金(年)
1〜254500円
26〜504000円
51〜1003500円
101〜2503000円
251〜2500円

料金シミュレーション

10ライセンス購入する場合
2ライセンス基本モデル
10,000/年
追加 8ライセンス( 4,500円 × 8 ) = 36,000円
= 46,000円/年
お問い合わせはこちらから
mail:inquiry@innov-firm.co.jp
電話:03-5823-4398 FAX:03-5823-4297

導入事例

広島工業大学様


  • ①研究資料をSecure Porterにドラッグ&ドロップし、分割する。
  • ②Azure Blobストレージに一時保管。
  • ③保管した研究資料の復元キーであるキーファイルを共同研究者へメールで送信する。 (仮に共同研究者以外にキーファイルを送信してしまったとしても、誤送信先は情報共有に必須となるプロファイル 情報を持っていないので、Azure Blobストレージに一時保管されている分割ファイルを取得・復元することができない。)
  • ④電子メールにて送信されたキーファイルを、Secure Porterにコピー(Drag&Drop)
  • ⑤クラウドから分割ファイルを取得し、復号、研究資料を入手する。
  • ⑥無事、研究資料を入手できたので、送信元に取得成功が通知される。